明日は明日の風が吹く

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ALWAYS 三丁目の夕日」

<<   作成日時 : 2005/10/17 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

今日は、「ALWAYS 三丁目の夕日」の試写会でした。

キャストは、吉岡秀隆さん、小雪さん、堤真一さん、薬師丸ひろ子さんなどなど。

ストーリーは、昭和33年、東京タワーの建設が進む中、夕日町三丁目に住む人々の生活についてです。

映画館の予告編を観て、「別に映画館じゃなくてもいいかなぁ」なんて思っていたのですが、予想をはるかに越える作品でした。
もう一度、映画館で楽しもうと思います。

きっと、この映画は、世代によって異なった印象を持つと思います。
懐かしいと思う人、へ〜こんなだったんだぁと思う人、駄菓子やさんに行ってみたいなぁと思う人、色々いると思います。
私は、タイムトリップをしてきたような感覚になりました。

笑いあり、感動あり、涙あり。
この映画は大好きです!

昭和33年の頃の夕日と現在の夕日は違うのかなぁ?
もっともっときれいだったのかなぁ?
今のきれいな夕日が、ずっとずっと見れるといいなぁ。

「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイド
「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイド

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ALWAYS 三丁目の夕日/昭和33年、東京。
11月5日より全国東宝系劇場にて公開 昭和33年、東京。 VFXで甦った昭和33年の東京。 着工されたばかりの未完成の東京タワー。 タワーは人々の夢を集めてどんどん天へ向かって伸びていく。 この年、下町の夕日町三丁目の鈴木オートには新たな仲間と憧れのテレビがや... ...続きを見る
ホリキタペディア
2005/10/19 12:33
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」
出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/01/31 02:36
DVD『ALWAYS 三丁目の夕日』
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版(2005/日本) ...続きを見る
みかんのReading Diary♪
2006/12/24 23:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遅ればせながらTBありがとうございました。
こういう素直に楽しめる映画っていいですね。
機会があれば自分もまた観たいなぁと思います。
cafe saudade
2006/01/07 23:17
返事が遅くなってしまってすみませんでした。
コメントありがとうございます!
CMの「はんじめまして」を観るといつもいつも笑ってしまいます。
何度でも観たくなる映画ですよね。
cristina
2006/01/11 17:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ALWAYS 三丁目の夕日」 明日は明日の風が吹く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる