明日は明日の風が吹く

アクセスカウンタ

zoom RSS 「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

<<   作成日時 : 2006/01/18 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 26 / コメント 2

プルーフ・オブ・マイ・ライフ」を観てきました。

出演は、グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホールなど。
ジェイク・ギレンホールは「デイ・アフター・トゥモロー」で知っている方も多いと思います。

ストーリーは、キャサリンが一生懸命付き添った数学の学者のお父さんが亡くなってしまう。
そこへ父やキャサリンを手伝おうとしなかった姉が葬儀のためやってくる。
そして、父の生徒「ハル」も・・・。

5年間も一人で看病したキャサリンは、「自分」を自分の中にしまいこんでしまう。


父と私は似ているから、父と同様私も精神的におかしいのだと思い込んでいるキャサリン。
それは、きっと、誰もが抱えている自分の嫌いな部分。
でも、自分自身だからこそ、受け入れ、立ち向かい、自分というものを理解していくのだと思う。

長い間看病していると、本当にこれでよかったのか、私の看病は間違っていたのではないか・・・と悩むこともある。
看病をしたことのない人には分からないだろう、心を締め付けられるような感覚。
そんなときに、看病をしなかった人が放つ言葉は、とても深く心に突き刺さる。

看病すると言っても、人それぞれ概念が異なる。
お金を出したことで看病したと思う人、冷たいお弁当を買って置いてくることで看病したと思う人、同居しながら寝たきりの人を放っておいても看病したという人・・・。
でも、一番辛いのは、苦しいところを見ていて、その苦しさを代わってあげられないつらさを感じた人ではないだろうか?
少しでもつらくないようにと走り回り、お医者様や看護婦さんに頭を下げ、細かな心遣いをする人。
一番そばにいた人だろう。

「あなたは何もしなかった」というのは簡単。
でも、できる限りのことをしていない人は「ありがとう」という言葉を言われてしまうと、胸が苦しくなるのではないだろうか?
「ありがとう」の一言で救われる人と心が痛む人がいると思う。
私は、救われる人の方になりたい。
話し相手でも、さするだけでもできる限りそばにいてあげたい。
つらいときに一人になるほどこわいものはないから・・・。

周りの意見ばかり聞いていると、自分というものを見失いがちになる。
自分はどんな性格か、自分とは・・・??
でも、答えは自分の中にある。

難しいテーマで、なおかつ入り組んでいて、数式まで出てくる。
消化するのに時間がかかる映画でもあり、ドンという衝撃がある映画でもある。

人生や自分を数式に変換でき、生きている意味を「答え、・・・」と書けたら、誰も何も迷わない。
はっきりとしたものではないから、人は悩み成長していく。
自分とは・・・生きているとは・・・と、正面から向き合えるようになる映画です。

自分を見つめなおす時間。
「忙しい、忙しい」がついつい口癖になってしまいますが、ホッと一息つく時間、自分を見つめなおす時間も大切な時間だと思います。

自分に優しくなれる映画。
そんな映画ではないでしょうか??
ぜひ、映画を観て、色々なことを考えてみてください。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(26件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
自分が自分であるために… ...続きを見る
悠雅的生活
2006/01/18 02:05
プルーフ=証明
2006年1月14日。 「プルーフ・オブ・マイ・ライフ(proof of my life)」という映画が公開される。 プルーフとは「証明」の意。 人間にとっての、女性にとっての、男性にとっての、それをこの映画の中に見つけることが出来るのだ。 ...続きを見る
ほっこり、お茶日和。
2006/01/18 08:22
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
先日も書かせていただいた映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」。 あの記事を書かせていただいてから、いろいろな方々からトラックバックやコメントをいただきました。 中にはメールフォームよりコメントをお送りいただいた方もいらっしゃった。 思いがけない、本当に嬉し.. ...続きを見る
ほっこり、お茶日和。
2006/01/18 08:22
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
先週の土曜に、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」を ダーリンと見に行きました。 ...続きを見る
王様の耳はロバのママ
2006/01/18 21:33
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
年明け早々から、『博士の愛した数式』と『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』の、日米の数学者対決はなかなかの見ものだ。 日本は純文学から、かたやアメリカは舞台劇からの映画化。ともに大絶賛の原作である。さて、軍配は? ...続きを見る
ようこそ劇場へ!
2006/01/19 13:17
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
 今月は映画づいている。 平日に映画館にいくと、 いつも、申し訳ない気持ちになる。 特にスタートする前、まだ少し明るい館内で、 映画音楽がやたらはりきって流れていて・・・という時。 父も母も、すごく忙しくて平日に映画を見ることなんて、 きっとなかっただろうなあとか、 この瞬間も、様々な人が一生懸命働いているんだとか、 そんなことが頭に浮かぶ。 贅沢させてもらってます。ごめんなさい。 そんな感じでシートにいる。 ...続きを見る
don't worry!な毎日
2006/01/19 21:05
映画祭「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」鑑賞
映画祭一つ目の映画鑑賞。 石塚です。 ...続きを見る
BIGLOBE平社員ブログ
2006/01/21 00:39
映画『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』紹介!
どうも、遙です!バーチャルネットシネマパーソナリティーとして、2006年正月映画を紹介したいと思います♪今回、ご紹介する映画は『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』です! ...続きを見る
萌えきすとらBLOG
2006/01/21 01:30
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
●『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』2006年1月14日公開。こちらもアカデミー賞最有力となってます。原題が『プルーフ 証明』なのに日本ではなぜか長い題名に。でも、なんだかアカデミー賞取れそうな面々がそろってます。監督は『恋に落ちたシェイクスピア』... ...続きを見る
映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
2006/01/22 03:28
映画のご紹介(86) プルーフ・オブ・マイ・ライフ
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(86) プルーフ・オブ・マイ・ライフ ...続きを見る
ヒューマン=ブラック・ボックス
2006/01/23 12:28
映画館「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
全く情報をいれずに期待もせずに観に行ったので、結構楽しめました。中盤までは、あまり面白く感じなかったのですが後半にかけてはテンポもよく現在と過去の切り替わりがチョットわかりずらかったけど楽しめました。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/01/25 13:51
6 プルーフ・オブ・マイ・ライフ
2作目は、「恋におちたシェイクスピア」コンビの「プルーフオブマイライフ」。 どんどん新しい映画がはじまるので、端っこに押しやられ気味のこの映画。 ・・・早くいかないと終わってしまうと思います。 ...続きを見る
毎週水曜日にMOVIE!
2006/01/25 22:51
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
2005年 アメリカ ...続きを見る
シネマ〜ニャ。
2006/01/28 21:31
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」生き方の証明はできない
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」★★★☆ グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール主演 ジョン・マッデン監督、2005年アメリカ ...続きを見る
soramove
2006/01/30 21:16
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 出会うべき時期に出会う役がある
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 ...続きを見る
本と映画の日々  そして、ゆめのつづき
2006/02/01 17:50
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」を観ました。 キャサリンは5年間看病し続けた天才数学者である父を亡くした。彼は晩年精神を病み研究は出来ない状態だった、キャサリンも父の血を受け継ぎ数学の道を志していたが、同時に同じように精神が病んでしまう不安に苛まれてい... ...続きを見る
るるる的雑記帳
2006/02/05 13:23
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
本年度劇場観賞20本目。 話は、さっぱりだ。いい映画だと思うのだが、ノイローゼ気味で見える幻覚(?)と回想がごっちゃになってしまう。時間が前後してわかりづらいという意見もあるが、実際のところ時間を坂伸びっているのではなく、あくまで回想シーンだと思うのだが、... ...続きを見る
八ちゃんの日常空間
2006/02/08 00:27
映画『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』を観て
原題:√Proof(アメリカ)公式HP上映時間:103分監督:ジョン・マッデン出演:グウィネス・パルトロウ(キャサリン)、アンソニー・ホプキンス(ロバート)、ジェイク・ギレンホール(ハル)、ホープ・デイヴィス(クレア)、ゲーリー・ヒューストン(バロウ教授)【... ...続きを見る
KINTYRE’SPARADISE
2006/02/14 01:33
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
ジョン・マッデン監督の『恋におちたシェークスピア』が大好きで。 その監督の新作に出演するのが、『恋に落ちた〜』に続いてのグウィネスの他、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホールと豪華な顔ぶれで、それだけでも見る価値ありなんだよね。 まぁ、それなりに面白い話ではあったんだけど、結局、この映画を見る価値は、その俳優たちの共演にしかなく(^^;) なんとなく“一口食いたりない感”が残ったんだなぁ。 ...続きを見る
toe@cinematiclife
2006/02/24 01:09
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
 アクションサスペンスの女王がジョディ・フォスターならば、情緒不安定な女を演じさせれば第一級なのがグウィネス・パルトロウといえるでしょう。 ...続きを見る
シネクリシェ
2006/02/25 10:29
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
       評価:★5点(満点10点) &nbsp;           &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; 監督:ジョン・マッデン 主演:グウィネス・パルトロウ アンソニー・ホプキンス      ジェイク・ギレンホール 2005年 103min ...続きを見る
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2006/08/30 14:37
『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』・劇場
今日は『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 今日もシネコン ...続きを見る
しましまシネマライフ!
2006/09/26 10:55
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」を見ました。 恥ずかしながらこの作品を借りてきた段階では ”プルーフ”の意味を知らなかったんです。 ”プルーフ=証明,、立証”ということで、 作品名を日本語に訳すと  ”私の人生の証明” といった感じです。 この作品は数学者の父と、その力を継いだ娘は中心です。 若い頃に数学の世界で世界的大発見をした父。 残念ながら、晩年は精神を病み、そして亡くなりました。 娘はそんな父の面倒を見つつ、 父のようにいつか自分も心を病んでしまうのでは?と悩... ...続きを見る
映画、鉄蔵のつぶやき。
2006/10/01 11:36
【洋画】プルーフ・オブ・マイ・ライフ
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない ...続きを見る
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
2006/10/13 17:42
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
ちょっと難しそうな数学的??映画らしい。 でも、主演がグウィネス・パルトロウなので、見てみることに。 共演は、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2007/01/11 02:55
mini review 07009「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」★★★★★★☆☆☆☆
カテゴリ : ドラマ ...続きを見る
サーカスな日々
2007/01/26 14:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も過去、看病の経験があります。
とても辛い日々でした。
でも、側にいることが出来てよかったと
思える時期でもありました。
結果的に死という最悪な終止符となりましたが。

多分、お金もなければ治療は出来ないから
それも1つの愛情表現なのかもしれませんが
病人本人にとっては、側にいてあげることが
一番の愛情だと思っていてくれていると
私は信じています。

難しい問題です。その人その人にも家庭はあり
生活は常に動いているのですから…
strawberry
2006/01/18 10:00
strawberryさん、コメントありがとうございます。
そして、看病お疲れさまでした。
大変だったと思います。

それぞれの事情があって、それでも看病できた時、結果はどうであれ、「思い出」という素晴らしいものが残りますよね。

そばにいられたことによって、素敵な思い出という贈り物を残してくれたことに、私は感謝したいなぁと思っています。

看病だけじゃなく、どんなことでも、「できる限りのことをする」ことって大切なことだと思います。
それが、たとえそばにいることだけだったとしても…。
病気をしたとき、誰かがそばにいてくれることがどれだけ嬉しいか…。

自分だけのことを考えず、周りにも気配りできる人でありたいと思っています。
cristina
2006/01/20 00:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 明日は明日の風が吹く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる